お食い初めセット 男の子用 最安値,2019

お食い初めセット 男の子用 最安値,2019

「お食い初め」は赤ちゃんに初めてご飯を食べさせる行事で、生後100日目か120日目に行う伝統行事です。赤ちゃんが食べるものに不自由しないようにという願いをこめ、また離乳する赤ちゃんの成長を願う儀式です。
古来の風習では総本朱がおとこのこ用で、黒内朱がおんなのこ用として扱われておりますが、現代においては、総本朱が男女兼用として扱われるケースも増えてきております。
お食い初めは箸ぞろえ、煮初めなどともいわれて、赤ちゃんに初めてご飯を食べされる行事で、生後100日目か120日目にします。この子が一生食べるものに不自由しないように、という願いを込めた儀式です。
小さなご飯茶碗、お椀、箸などのすべて新しいもの一式をお膳にならべ、赤飯に尾頭付きの鯛という献立を用意します。
赤ちゃんには食べされるまねをするのですが、その役目を近親者の中で長寿の人にお願いします。たとえばプリンやジュースなどを用意し、それを食べさせるのもよいでしょう。
<セット内容>
お膳、親碗(お赤飯やご飯など)、平碗(煮物用)、壷枕(そば、その他)、吸物椀(お汁など)、高杯(おしんこ、小エビなど)、箸
<主な素材>
・合成漆器
・表面塗装の種類:ウレタン塗装
・素地の種類:ナイロン
<サイズ>H7.2×W23×D23cm
<商品重量>560g
※お支払い方法はクレジットカード、代引きからお選びいただけます。
※ご注文確定後の注文内容の変更、キャンセルはお受けしておりません。
※対象年齢がある商品については目安となっております。
※実際の商品と画像は若干異なる場合がございます。
トミー